1. TOP
  2. インターネット
  3. 著名人が削除したツイートを保存・再公開する「PostGhost」がサービスを停止

著名人が削除したツイートを保存・再公開する「PostGhost」がサービスを停止

政治家や芸能人が公開後に削除したツイートを収集し、再公開していたウェブサイト「PostGhost」が、サービスを停止しています。

PostGhostは、公開状態にある(鍵付きでない)、フォロワーが1万人以上の認証済みアカウントを対象としたもので、「透明性」のために研究者や芸能人、政治家などの発言を追跡可能にしているサイトです。

In a word: transparency. Other sites show deleted tweets from politicians. But in an election year where the line between celebrity and politics is increasingly blurred, we believe it’s in the public interest to maintain a record of public statements of every Twitter user who has the ability to reach thousands or millions of followers with a single click or tap.

http://postghost.com/Home/About

しかし、現地時間の7月6日にTwitter社から「消去されたツイートを公開することは規約違反にあたる」としてAPIアクセスを遮断するとの通知が届き、ツイートデータを収集することができなくなったとのこと。

Twitter社のこの措置に対して、PostGhost側はサイトトップにオープンレターの形で反論を展開。PostGhostは、政治家のツイートを監視しているPolitwoopsのようなサイトよりも公平かつ透明なサービスを展開しており、公的な存在である認証済みアカウントの発言を参照可能にすることは、議論のための印刷物複写のように認められるべき権利であると主張しています。

PolitwoopsはPostghost同様に一度アクセスを遮断され、その後復活していいる
http://jp.techcrunch.com/2016/01/01/20151231twitter-politwoops-deal/

収集される側にしてみれば、うっかりのタイポや一時の感情でつい投稿してしまった内容がいつまでも公開されているというものは決して気持ちの良いものではなく、個人の場合ではプライバシーの侵害と捉える人もいるでしょう。

今回のTwitterの措置が永続的なものかどうかはわかりませんが、ネットの透明性という観点からも、こうしたサービスの是非を巡っては、今後も議論が続きそうです。

This article is based on:
Deleted Tweet archive PostGhost shut down after Twitter cease and desist(Techcrunch)

“著名人が削除したツイートを保存・再公開する「PostGhost」がサービスを停止” への2件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    「駟も舌に及ばず」と言う話は、大昔からある事。
    そもそも、削除したくなるような事をツイートしたり、削除すれば済むと思っているとしたら、それが問題。

    削除したものをわざわざ掘り起こすのもモラルに反するとは思うが、他人のモラルをあてにしてはいけない、という事は、今に始まった事ではないと思う。

  2. 匿名 より:

    失言が多い人はそもそもSNSに向いてないから、友達限定公開にしたFacebookだけにした方がいい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。